新卒採用の基準と面談と仕事とは

春に近づくにつれて、新しく変わるものが沢山あります。その一つに、企業の顔が新しく増えることです。これまで1年間、同じメンバーで仕事をしてきましたが、新しい風が入りこみます。それが新卒です。この新しい人の採用ですが、大手では逸材を求めて多くの企業は試験を厳しくし、さらに面接をしていきます。中小企業では、学歴よりも人柄を重視する傾向があり、コツコツと仕事をしていく人を雇用してます。家庭の事情で、なかなか性格も積極的に出来ないという人は、大手も雇用それ辛さはあります。しかし、中小企業では人情もあり、少しの事なら雇用します。人柄を見て、感じるからこそ人を育てていこうとするのでしょう。給与の違いはありますが、大手も中小企業も、それぞれに良き点があります。これから意欲をもって仕事をする事で、益々飛躍していきます。

新入社員を会社で雇うメリットとは

企業が新卒採用するメリットとして何が挙げられるでしょう。まず、優秀な人材が確保しやすいということが挙げられます。本当に優秀な人を中途で見つけようとしても、なかなかうまい具合には見つかりません。卒業したての人間を採ることで最初はコストとなるリスクがありますが、優秀な人材に対する競争率は中途の場合よりも低いといえます。次に、その人を自分の会社の社風に染めやすいということも挙げられます。中途の場合は他の会社も見てきているので比較されるのですが、新社会人には比較対象にできる経験がありませんから、自分の色に染めやすいといえます。また、新人を教育する必要がありますから、既存の社員の知識の再確認になるとともに成長にも繋がります。このように新社会人となる人を採ると最初こそリスクとなるかもしれませんが、後に大きなメリットとなって返ってくるはずです。

卒業仕立ての学生を雇うメリットとは

長きにわたる不景気から、ようやく抜け出せそうな感じになっています。有効求人倍率や新規求人倍率が改善されています。年齢、学歴、社会経験などの面において均質な人材を、同時期にまとめて確保することができますので、手続きや教育研修などをまとめて実施できますので、効率的です。3月で定年者が退きますので、新陳代謝が一気に進みます。先輩社員は、新入社員に言葉にして教えることで、経験を知識として定着化させることができますので、少し上の世代にとっても好影響ができます。同期入社による横のつながりは強いですので、配属がばらばらになっても、横の繋がりを活かして、他部門間との連携を取ることができます。若い世代は、特定の色に染まっていませんので、企業の伝えたい文化の継承者としても最適です。このことは、企業に対する忠誠心の向上にもつながります。バブル崩壊後の一時期、採用を控えた企業もありましたが、人材構成にゆがみを生じました。このため、毎年度新卒を採っていくことで、年代別のピラミッド改装を維持していくことが重要です。