新卒採用と言う従来のかたちよりも、新しい方法が必要かもしれません

4月に、大学や専門学校、そして高校を卒業した方々を、一斉に企業が採用すると言うかたちが、日本の就職と言うことになりますが、最近の状況はどうなっているのでしょうか。ここ数年の、人手不足や株価の動きから、売り手市場に現在はなっていて、新卒の状況は良いと言う数字が出ているそうです。まずは安心いたしますが、今後のことを考えますと、必ずしも楽観的にはなれないのが、本当のところだと言うことです。AIやロボットが、人間の代わりを担う職業も、年々増えて行くことが予想されていますし、外国人の方々の日本での就業も増えているからです。そして、グローバルに経済と言うものが繋がっているため、国際的にビジネスに関われる人材が、何よりも必要になって行くことでしょう。となるとこれからは、従来の人材募集と言うかたちではない、全く新しい方法を考えて行く必要があるのかもしれません。

日本の景気と新規の求人に関して

十年前には氷河期と言われていた就職戦線ですが、ここ数年は完全な売り手市場になっています。企業はフレッシュな人材を求めていて、説明会の回数を増やすなど工夫をしています。ただ、学生の方は転職をすることに抵抗を感じていないケースが多いと聞きます。新卒で採用された若者の、約半数が三年以内に転職をするそうです。我慢が足りないという意見もありますが、夢や目標を達成するための転職であれば、大いに結構ではないでしょうか。日本の終身雇用制度は崩壊していて、力のある人間でなければ生き残ることは難しいと言われています。自らのキャリア形成を図ることが大切ですし、強い気持ちで社会に立ち向かうことが重要になります。幾つになってもチャレンジすることを恐れずに、攻めの就職活動をすることが成功の秘訣ではないでしょうか。

新しく社員を迎える企業の心構えと用意

4月から新しいメンバーが、企業に加わります。採用した新卒を迎える企業は、それぞれの部署へと配属が既に決まっています。迎える準備もそこそこ出来たら、今度は企業の心構えです。人事部では、新人に適している部署に配属をしています。試験だけが全てでなく、面接でその人柄を確認して部署決めをしてます。企業も、受け入れる以上は、今後の活躍を期待し教育もどのようにしていくかを考えてます。新人ご来ることで、仕事も増えるわけですが、そこを嫌がっていてはいつまでも自分たちの仕事が増えてしまい、さらに定年で辞めていく人の穴埋めをしていかねばならないわけです。ゆえに、長い目で新人教育をしていく気持ちで迎えます。新人が仕事に対しての意欲が生まれるのは、既存社員の手にかかっていると言えるでしょう。