新卒を採用する意義を考えましょう

企業が従業員を採用する目的は、大きく二つに分類されます。まずは、即戦力です。退職者が出て補充が利かないなどと言った場合、できるだけ早くその部署の生産性を回復させるために、他の企業での経験がある従業員を補充するためです。二つ目は新卒です。ここに即戦力を求めることは賢明とは言えません。総合的にバランスがとれている良い人材を選び、十分に教育し将来の企業を担ってゆくことが目的となるでしょう。中途で雇った場合と違い、即戦力はないものの、安い人件費で教育効果が期待できます。さらに、その企業の伝統や価値観を教え込むことができます。これは、企業に対する愛着心につながることです。また、将来の経営幹部選定の標本数が増えます。しかし、最も意義深いのは、若い新しい社員が入社することで社内が活性化することです。

じっくりと人材育成する事が大切

一昨年あたりから新卒の求人倍率が上がり、多くの企業では「欲しい人材が確保できない」とか「何とか採れたが物足りない」もしくは「すぐにやめてしまう」などといった悩みを抱えています。現在、企業においては「かつてのように企業内で人材育成をじっくり行っている余裕がない」といったところが多く、これが結局は人手不足を招いている最大の原因といえます。優秀な人材を豊富に確保できる企業であれば良いですが、そうでない場合は、中途半端な教育で成果を望むあまり、結局は退職してしまい、それまでにかけた手間が全くの無駄となってしまうケースが多々あります。求人企業は、「自分の企業でしっかりと育てられる素材であるか」という視点から採用を決めることによって、今後そういった悪循環から抜け出すことが出来ます。

大卒を新規で雇う理由とメリット

3月は人事異動の時期ですが、同時に定年退職者が出ます。また、翌4月に大卒の新入社員が入ってきます。現在は、かつてのような終身雇用の時代ではありませんので、転職者を募集して、即戦力を獲得した方が会社にとってメリットがあるような印象もあります。しかし、それでも会社が新卒採用を続けることには理由があります。まず、会社の風土の継承があります。新入社員に対しては、低い目標を設定して、先輩社員のやり方を見ながら、その会社の仕事のやり方を体得していきます。その間、給料分の働きはできないかもしれませんが、会社の目指すところや存在意義を、改めて考えることができます。逆に、先輩社員は後輩社員に教えることで、自分の知識を確固たるものとして定着させることができます。先輩社員にとっては、後輩を育成するだけではなく、自分自身も成長することができます。また、長期的な人事計画により、様々な部署を経験することで、将来の幹部候補を養成することにもつながります。その中で適材適所の人事配置ができますので、会社としてもメリットがあります。

実際に無料でコンサルティングに参加された方のお声を掲載しています。 JR田町駅からも地下鉄三田駅からも徒歩5分になります。 新規オープンした就活ラウンジで効率的な人材紹介! 学生の方に知っておきたいイベント情報や最新の情報を更新しています。 はたらけてしあわせであると心から言える会社づくりを最優先事項としています。 都会の秘密基地をモチーフにしたオフィスを是非のぞいてみてください! 新卒採用のお悩みはLegaseedが承ります